薬剤師の働き方について調べてみた

日本調剤をはじめ、変化する医療業界における薬剤師の働き方について調べてみました。

調剤薬局の在り方

その変化とは?

投稿日:

1

調剤薬局は処方箋に対応することができることもあり、病院通いをする人にとっては必要不可欠な存在です。
街を見渡せばいたるところに調剤薬局を見つけることができますが、実は調剤薬局の在り方はどんどん変化しています。

多くの方が調剤薬局に抱くイメージといえば、処方箋を受け取って薬を用意して患者に渡す、というものですが、それぞれの時代に応じたサービスが求められています。
薬局を利用する人は基本的に病院に通っていて体調を崩している人も多く、最適な対応が必要となります。
以前は病院内で薬を処方することが一般的でしたが、30-40年前から医薬分業の動きが広まり始め、その結果今では7割程度の病院が院外処方を行うようになりました。
それに応じて調剤薬局の必要性がより高まることにつながり、街でたくさん見られるようになったのです。
調剤薬局の在り方を語る上で医薬分業については必ず知っておきたいポイントとなります。
医薬分業を簡単に言うと診察をする人と薬の処方をする人を分け、それぞれを専門の人が行うということです。医薬分業を行うことで、医者は病院にある薬に限定されることなく最適な治療ができ、薬剤師は処方箋のチェックや二重服薬の防止など患者に対する適切な服薬指導が行えます。
大手調剤薬局だと日本調剤が医薬分業を企業理念に掲げています。

調剤薬局の歴史の流れには上記のようなものがありますが、利用する患者目線に立った変化も実感しやすい時代となりました。
様々な在り方の変化があるのですが、かかりつけ薬剤師制度の誕生によって、利用者が満足できるような体制づくりがより進むことになり、安心できる環境のなかで医薬品を処方してもらい、服用できるようになりました。

そして夜間や休日においても何らかのトラブルがあった際などに対応できる体制づくりもなされ始め、調剤薬局と患者との間の壁が徐々に取り払われているという現状です。
また日本調剤などの大手調剤薬局は薬剤師が自宅に訪問するサービスの開始にも乗り出しており、在宅医療の利便性が高まりました。

これらの調剤薬局の在り方の変化を見ていると、患者のニーズに応えるための取り組みがしっかりとなされていることに気づきます。
単純に医薬品を処方するだけではなくて、それぞれの患者の健康状態を把握することや、安心できる相談相手になることが調剤薬局や薬剤師には求められ始めています。
調剤薬局や薬剤師の在り方は時代の流れによって大きく変化しています。
健康サポートや調剤薬局同士の連携、薬局と医師との連携などといった変化によって、利便性の高さや安心度の高さは日に日に増しています。

調剤薬局の大手チェーンでもある日本調剤は、他の薬局に比べて早い段階で患者のニーズを捉え、時代に合った調剤薬局の在り方を実現させています。
これからも社会、医療の変化にあわせて調剤薬局に求められる内容は大きく変わっていくでしょう。

-調剤薬局の在り方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした