薬剤師の働き方について調べてみた

日本調剤をはじめ、変化する医療業界における薬剤師の働き方について調べてみました。

薬剤師の働き方

多種多様な働き方

投稿日:

2

薬剤師はその名前の通り医薬品に関する職務を行います。
しかしその働き方は多種多様で、調剤薬局やドラッグストアで働く人もいれば、製薬会社や各種施設において勤務をする人もたくさん見られます。
その中でも調剤薬局は薬剤師が選ぶ人気の働き方となっています。

調剤薬局では都市部は当然のことながら、地方においてもかなりの数が存在しており、特に病院の近辺には数多く調剤薬局が設置されています。
こういった状況ですから多くの調剤薬局で薬剤師の需要が多く、病院近辺の調剤薬局では病院で発行された処方箋に基づいた調剤を行うという働き方が一般的です。
薬剤師は一般的な職業とは異なり、国家資格を有している必要があります。
ですから資格の力や自分自身の経験を生かして転職を考えるケースも珍しくありません。
調剤薬局から調剤薬局にというケースも多いですが、病院勤務やドラッグストアへの勤務に移行する人や、逆に病院や製薬会社で働いている人が調剤薬局勤務となるケースもあります。
薬剤師の働き方は多種多様なため自らのライフスタイルに応じた働き方が採れる点も魅力です。
また薬剤師は医薬品に関するプロフェッショナルですので、医薬品を必要としている人たち等のために力を尽くすことで自分の仕事が多くの人の役に立っていることが直接実感できるため、仕事をする上で重要なモチベーションの維持も行いやすいです。

薬剤師として勤務をする場合、職場によって働き方が異なるケースがあります。例えば病院勤務やドラッグストア勤務であればシフトによっては夜遅い時間に勤務する場合もあり得ますが、調剤薬局であれば基本的には調剤薬局の営業時間帯(9:00-18:00など)に働くことができるため、人気を博しています。

薬剤師の資格を活かした働き方といってもその目的は数多く、調剤薬局や病院であれば処方箋に基づいた調剤、ドラッグストアであれば市販の医薬品の販売ですが、製薬会社勤務の場合は研究や開発に携わったり、場合によってはMRとして勤務することもあるでしょう。
自分の目的に応じた職場の選び方が叶いますので、やはり薬剤師の資格を有しているとそれがアドバンテージになります。

それぞれの職場によって働く時間帯や業務内容も違えば、さらに給与面も大きく異なってきます。
トータルで見てみると、店舗数が圧倒的に多くて、自分のライフスタイルに最も合ったお店を見つけやすいという理由で、就職や転職の際には調剤薬局が人気となっています。

-薬剤師の働き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした