薬剤師の働き方について調べてみた

日本調剤をはじめ、変化する医療業界における薬剤師の働き方について調べてみました。

大手調剤薬局の在宅医療の取り組み

日本調剤の特徴

投稿日:2017年7月25日 更新日:

4

在宅医療制度の充実や規模拡大は、高齢者だけではなくその家族、国までもが希望していることで、一般的な調剤薬局とは異なり、より地域との関係性を深めることにもつながる制度です。
病院での診察が難しい人や医薬品の処方のために調剤薬局に行くことが困難な人のための制度が在宅医療ですが、この制度が開始されて以降、数多くの高齢者の方たちが満足されています。

日本調剤においても在宅医療に積極的に取り組んでおり、2015年時点ではすでに営業店舗510店舗のうち95%以上の485店舗が在宅医療を行った実績を誇っていました。

調剤薬局に求められている条件は、医師が発行した処方箋に基づいて薬を提供するというだけではありません。
在宅医療を行うにあたっては、専用の教育制度を設けることが重要です。
調剤薬局のなかで行う作業と患者のもとで行う作業は別物ですし、それらの知識を得るために研修をすることが一般的です。
日本調剤においては薬剤師に向けて在宅医療に関連する研修を開いていて、ただ単に講義を受講するだけではなくて、実践形式で学ぶことができる取り組みにも挑戦しています。

在宅医療は単に家で処方ができるというものではなくて、様々な人たちを巻き込んだ医療制度です。
例えば医師などとの連携も求められていますが、在宅医療のための制度の整備をしっかりと行っていて、サービスを受ける患者が満足できるような取り組みを行っています。

調剤薬局には大手の店舗もあれば小規模展開をしているところもあります。
日本調剤は大手企業ですからそのノウハウや実績を生かすことによって、質の高い在宅医療サービスを提供しています。
しっかりとしたサポート体制を用意しているので、利用する患者だけではなくて働いている薬剤師にも安心な制度と言えます。
大手だからこそ可能なシステム開発も行っており、在宅コミュニケーションシステムを活用することによってそつなく作業に当たることができ、タブレット端末も活用しますので情報管理がしやすく、素早い判断が行えるようになるでしょう。

在宅医療制度が拡大していくに従って、調剤薬局と地元地域の結びつきはより強いものとなります。
それに伴った環境整備にも注力しているということもあり、日本調剤の在宅医療サービスを活用するケースは増えています。
在宅医療制度を支えることができる薬剤師の育成も重要といえるでしょう。

-大手調剤薬局の在宅医療の取り組み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3

在宅医療における薬剤師の役割とは?

日本は高齢化社会に突入しており、これまでとは全く異なった医療制度の在り方が求められています。 それは病院だけではなくて調剤薬局でも同様となり、今までには存在し得なかったような新しいサービスも導入されは …

5

日本調剤の取り組み内容

在宅医療の浸透によって、調剤薬局で働く薬剤師にはこれまでとは違った働き方が求められ始めました。 患者にとって自分の家での治療や医薬品の提供が受けられるのは何よりも魅力的で、身体的理由などで出かけること …

6

その他の大手調剤薬局

在宅医療制度の本格化によって、多くの調剤薬局がサービス提供を始めました。 知名度が高い調剤薬局の中にはしっかりと取り組みを行い、教育制度などを用意しているところも多く、在宅医療を利用する患者のために様 …