薬剤師の働き方について調べてみた

日本調剤をはじめ、変化する医療業界における薬剤師の働き方について調べてみました。

大手調剤薬局の在宅医療の取り組み

日本調剤の取り組み内容

投稿日:

5

在宅医療の浸透によって、調剤薬局で働く薬剤師にはこれまでとは違った働き方が求められ始めました。
患者にとって自分の家での治療や医薬品の提供が受けられるのは何よりも魅力的で、身体的理由などで出かけることが困難な人のための制度です。

在宅医療の発展に伴い、当然のことながら薬剤師のレベルも向上しています。
それを可能にしているのが教育システムで、各大手調剤薬局チェーンも力を入れています。例えば日本調剤では
2016年に「在宅医療集合研修~在宅緩和ケア~」が開催され、「在宅緩和ケア」をテーマに在宅医療に対応することができる人材の育成を目標に掲げています。

在宅緩和ケアは自宅での療養生活をしている人にとって欠かせないもので、薬剤師が研修に行ってケア方法を身につけることができれば、クオリティの高い在宅医療につながるでしょう。

また全国に数百の調剤薬局を展開しており、その中の多くの店舗に在籍している薬剤師に対して、積極的な学習活動を行っています。
一般的なルールや方法を学ぶだけではなく、在宅医療を行っている患者にとってより良い環境作りにも寄与できるような内容となっています。

在宅医療を成立させるために欠かすことができない薬剤師訪問サービスにも力を入れていて、大手調剤薬局だからこそ可能な取り組みも多くなっています。
在宅医療には必ず薬剤師が必要となりますから、現在様々なところでこれに対応可能な人材の教育活動がなされています。

自宅で医療サービスを受けることが一般化してきましたが、調剤薬局によっては高いレベルの在宅医療制度の実現ができていないところもあります。
それでは患者が求めている条件をクリアすることが難しくなり、本来の役割を果たせなくなってしまうでしょう。
日本調剤のように質の高い研修を何度も受けられる環境にあるというのは、薬剤師にとっても魅力かもしれません。
本格的に在宅医療が始まったのはここ最近のことですから、まだまだ知識不足や経験不足によって具体的な取り組み方がわからないケースも少なくありませんが、最適な方法を採用することによって、質の高い在宅医療が可能になります。

日本調剤は質の高い在宅医療実現のため各種研修を設けていて、その中の一つに「5年教育プログラム」がありますが、3年目以降に在宅医療に関する教育を受けることができ、継続的な研修活動内容となっています。
フィジカルアセスメント技術の向上にも役立ちます。

-大手調剤薬局の在宅医療の取り組み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

6

その他の大手調剤薬局

在宅医療制度の本格化によって、多くの調剤薬局がサービス提供を始めました。 知名度が高い調剤薬局の中にはしっかりと取り組みを行い、教育制度などを用意しているところも多く、在宅医療を利用する患者のために様 …

3

在宅医療における薬剤師の役割とは?

日本は高齢化社会に突入しており、これまでとは全く異なった医療制度の在り方が求められています。 それは病院だけではなくて調剤薬局でも同様となり、今までには存在し得なかったような新しいサービスも導入されは …

4

日本調剤の特徴

在宅医療制度の充実や規模拡大は、高齢者だけではなくその家族、国までもが希望していることで、一般的な調剤薬局とは異なり、より地域との関係性を深めることにもつながる制度です。 病院での診察が難しい人や医薬 …