薬剤師の働き方について調べてみた

日本調剤をはじめ、変化する医療業界における薬剤師の働き方について調べてみました。

大手調剤薬局の在宅医療の取り組み

その他の大手調剤薬局

投稿日:2017年7月25日 更新日:

6

在宅医療制度の本格化によって、多くの調剤薬局がサービス提供を始めました。
知名度が高い調剤薬局の中にはしっかりと取り組みを行い、教育制度などを用意しているところも多く、在宅医療を利用する患者のために様々な形で準備を行っています。

調剤薬局やドラッグストアを展開しているアイングループでも、在宅医療に対応するための取り組みをしており、在宅医療を行うにあたってまずはモデル店舗を作ってノウハウの集積から始めています。
大手の調剤薬局ならではの方法で、このやり方であればモデル店舗での実験の結果を生かした在宅医療の本格展開が可能になり、より安心して利用してもらうことができるようになります。
事前に様々なシミュレーションを行っていても実際に在宅医療サービスを開始しないと気付かないことも多く、机上の空論になりがちです。
しかしアイングループが行った在宅医療モデルを使った方法であればスムーズに在宅医療化することができるでしょう。
自宅に訪問するということは通常の業務とは一線を画した仕事をすることになりますが、アイングループは事前にしっかりとした体制構築を行っています。

そして大手調剤薬局のクオールでも在宅医療の普及に取り組んでいて、医師を含めたチームの連携を深めることができるような体制が整えられています。
クリーンルームの設置や在宅医療専用車両を設ける、などといった工夫もされており、また患者の自宅への訪問に適した服装の導入などにも着手しています。
より大きな成果を上げることができるような取り組みを行なっているのが特徴で、全国的な在宅医療の展開に向けてクオール薬局は活動をしています。
当然のことながら薬剤師の教育にも熱心で、利用する患者が安心してサービスを活用できる体制を構築しようとしているのです。

また総合メディカルが展開する薬局でも在宅訪問を開始しており、病院に行ったり、調剤薬局にいくのが難しい人のために取り組みを行っています。
無菌調剤にももちろん対応することが可能ですし、今話題のジェネリック医薬品に対応した在宅医療ができて、満足度の高い医療体制が築かれるはずです。
そうごう薬局の薬剤師を中心に、地域の様々な人が一丸となって在宅医療を支えることになり、地域に根ざした医療を作り上げることにつながるでしょう。

以上のように大手の調剤薬局各社は在宅医療の実施のためにいろいろな取り組みを行っていて、質の高いサービス提供しています。

-大手調剤薬局の在宅医療の取り組み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

4

日本調剤の特徴

在宅医療制度の充実や規模拡大は、高齢者だけではなくその家族、国までもが希望していることで、一般的な調剤薬局とは異なり、より地域との関係性を深めることにもつながる制度です。 病院での診察が難しい人や医薬 …

5

日本調剤の取り組み内容

在宅医療の浸透によって、調剤薬局で働く薬剤師にはこれまでとは違った働き方が求められ始めました。 患者にとって自分の家での治療や医薬品の提供が受けられるのは何よりも魅力的で、身体的理由などで出かけること …

3

在宅医療における薬剤師の役割とは?

日本は高齢化社会に突入しており、これまでとは全く異なった医療制度の在り方が求められています。 それは病院だけではなくて調剤薬局でも同様となり、今までには存在し得なかったような新しいサービスも導入されは …