薬剤師の働き方について調べてみた

日本調剤をはじめ、変化する医療業界における薬剤師の働き方について調べてみました。

女性の働き方

女性薬剤師の働き方の特徴

投稿日:

薬剤師は企業活動になくてはならない職業で、調剤薬局をはじめ病院や製薬会社などで勤務することが多いです。
他の職種と異なり薬剤師は就職先や転職先を見つけやすいという特徴があり、例えば妊娠や育児の際にブランクが発生してもその後問題なく復帰しやすいです。
薬剤師の中には女性も比較的多くいて、働きやすい環境が整っていることが理解できます。
特に大手調剤薬局の場合は女性の目線に立った制度が設けられているので、自分の都合に合わせた働き方が可能になります。

女性薬剤師の働き方を語る上で欠かせないのが、上記した妊娠や育児です。
各地の調剤薬局では常に薬剤師を求めている状況ですので、パートタイマーとして働きたい、時間の融通を利かせたいと考えている女性薬剤師でも問題なく働くことが可能でしょう。

実際に家庭と両立する形で薬剤師として勤務している女性も非常に多く、日本調剤をはじめとして大手調剤薬局では育児短時間勤務制度など仕事と家庭を両立できる環境がすでに作られています。また育休取得者がスムーズに職場復帰できるよう新薬情報や会社の動向に関する情報の資料を自宅に郵送する取り組みもあります。
法律に基づいた制度だけではなく、その他の調剤薬局ならではの女性に対しての制度も充実しており、それぞれの薬剤師が希望する働き方ができます。

男性とは異なり女性は結婚をすると働き続けることは難しくなります。
また独身時代とは違い時間的な制限も発生し、悩みを抱えることもあるでしょう。
しかし薬剤師は一般的な職業とは違い国家資格という強みがあるので復職や転職に際して不利を被る心配は不要かもしれません。

例えば子育てをしている間は専業主婦をしていて、子育てが終わったタイミングで薬剤師として働きたいと思った場合、年齢を重ねていたとしても必要とされる職場はとても多いです。
薬剤師は女性が仕事をする上で抱えがちな不利な面を解消できる職業で、多種多様な働き方が可能です。

そして薬剤師は一般的な仕事と比較すると給料面もかなり期待できるため、パートタイマーとして働く場合でもある程度の金額が支給されるでしょう。
女性薬剤師が働きやすい調剤薬局は日本各地に存在しているため、まさに売り手市場といっても良いでしょう。
子育て後の転職活動は普通はかなり大変な思いをすることもあるのですが、薬剤師という強みを持っていると魅力的な職場を探しやすいので、自分が目指している働き方の実現がしやすくなるでしょう。
特にアインファーマシーズや日本調剤といった大手調剤薬局であれば、時間的な制限がある場合でも働きやすくて、また産休や育休制度も充実しています。
働き口も多くて年齢やその他の条件も問われないことが多い点も特徴だと言えます。

-女性の働き方

執筆者:

関連記事

8939a9cb55bc7879635952b4b7b1b58d_t

大手調剤薬局の女性への制度

大手の調剤薬局では、働いている従業員に対して様々な充実した制度を用意しているケースが多いです。 この部分が大手と中小規模の薬局の最も大きな違いといえ、これらの制度に魅力を感じて働き始める薬剤師も多数存 …

doctors_people

日本調剤の女性サポート

大手調剤薬局の日本調剤は患者さんだけではなく、薬局で働く薬剤師のためにも魅力溢れる制度を用意しています。 福利厚生にも力を入れていて大手だからこそ可能なサポート体制を取り入れています。 男女問わず働き …