薬剤師の働き方について調べてみた

日本調剤をはじめ、変化する医療業界における薬剤師の働き方について調べてみました。

女性の働き方

日本調剤の女性サポート

投稿日:2017年8月18日 更新日:

大手調剤薬局の日本調剤は患者さんだけではなく、薬局で働く薬剤師のためにも魅力溢れる制度を用意しています。
福利厚生にも力を入れていて大手だからこそ可能なサポート体制を取り入れています。
男女問わず働きやすい職場づくりがなされていますが、特に女性目線に立ったサポート制度にも注力していて、出産や子育てを手助けする制度も整っているのです。

女性にとって出産や子育てはとても重要な事柄ですし、何らかのサポート体制がないと辞めざるを得ない状況に陥るでしょう。
しかし同社は「産前休暇」「産後休暇」「育児休業」を取り入れているのでこれらを活用すると1年以上仕事を休むことができ、それ以後についても「育児短時間勤務」「看護休暇」が設けられていて、子どもが小さい間や病気になった際には融通が利きます。また個々人の状況によっては雇用形態を正社員からパート社員へ変更するなどの対応も行われています。
このような女性サポート制度が用意されていると、妊娠に際して退職する必要がなく、のちのち気軽に復帰することができるでしょう。
近頃は以前とは異なり、出産・育児後にも夫婦共働きを継続する傾向があるため、日本調剤の出産・子育てをサポートはとても魅力的です。

妊娠すると体型の変化が徐々に表れてくるので仕事中に不快感を覚えがちですが、マタニティズボンが用意されているので体型による変化にしっかりと対応した状態で勤務できます。
その他にも出産祝金制度が準備されていて、また育児に関するサービスをお得な価格で利用できるサービスも付与され、徹底した女性サポートが期待できるでしょう。

2016年からはじまった女性活躍推進法に基づいたサポート制度を設定しており、日本調剤では「女性活躍推進法に基づく行動計画」を作成して、実際に動き出しています。
これまでも女性向けの制度はいろいろとありましたが、これによって女性のキャリア形成を後押しするなどより女性が活躍できる職場づくりが為され始めているのです。

調剤薬局の中には同じようなサポート体制を用意しているところもありますが、形骸化してしまっている例も少なくありません。
制度としては存在していても実際に機能していなくては意味がありませんし、それでは女性にやさしい職場とはいえないでしょう。
日本調剤はすでにこれらの制度を活用して復職を果たしている女性も数多くいますし、このように同じ立場を経験している人が周りにいる環境だからこそ理解も得られそれぞれが抱えている問題をケアしてくれます。
仕事と家庭の両立を実現することは簡単ではありませんが、独自性あふれるサポート制度のおかげで気兼ねすることなく働き続けられます。”

-女性の働き方

執筆者:

関連記事

8939a9cb55bc7879635952b4b7b1b58d_t

大手調剤薬局の女性への制度

大手の調剤薬局では、働いている従業員に対して様々な充実した制度を用意しているケースが多いです。 この部分が大手と中小規模の薬局の最も大きな違いといえ、これらの制度に魅力を感じて働き始める薬剤師も多数存 …

images (1)

女性薬剤師の働き方の特徴

薬剤師は企業活動になくてはならない職業で、調剤薬局をはじめ病院や製薬会社などで勤務することが多いです。 他の職種と異なり薬剤師は就職先や転職先を見つけやすいという特徴があり、例えば妊娠や育児の際にブラ …