薬剤師の働き方について調べてみた

日本調剤をはじめ、変化する医療業界における薬剤師の働き方について調べてみました。

中小調剤薬局の労働環境

メディックス他の労働環境

投稿日:2017年9月26日 更新日:

中小規模の調剤薬局も選び方次第では労働環境に恵まれた職場での勤務が可能です。
大手チェーンだからこそ期待できるメリットもありますが、中小だからこそ得ることができるメリットもあります。

一見すると中小調剤薬局は大手よりも人材育成制度が不十分であると感じている方が多数いると思いますが、これは必ずしもそうとはいえません。
中小の調剤薬局でも人材育成にとことんこだわり、充実した福利厚生やOJT制度、人事制度を導入しているところが見られます。

例えば株式会社メディックスでは店舗を超えた社内のつながりを促進するために全社総会が1年に3回、そして社員旅行が用意されているので、モチベーションを高く維持しながら働き続けられます。
調剤薬局の店舗内での作業ばかりでは変化がなくモチベーションを維持しながら働くことは難しいですが、時折このような機会があることで楽しく患者さんのために働けるでしょう。

調剤薬局の現場においてコミュニケーションは非常に重要ですが、株式会社メディックスではスタッフ同士のコミュニケーションを促進するために補助金が出されることがあります。
仲間内での信頼関係を築くことによって仕事に好影響が及び、結果的に労働環境もかなり向上するでしょう。

そして津山調剤薬局では、一般的な福利厚生制度は他社以上に充実していますし、それ以外にもグリーンヒルズの利用権利や地区単位で忘年会の実施や店舗ごとの社員旅行など環境を整えており、安心して勤務に当たれます。
調剤薬局での作業はそれぞれのスタッフが信頼し合い、サポートし合うことによって成り立つので、津山調剤薬局が心がけているスタッフのための制度は労働環境に配慮したものだと言えます。

そしてウィーズでは、仕事とプライベートのメリハリを維持するために、1年間に123日の休日が設定されています。
仕事ばかり…という状況ではミスが起こってしまう可能性も高まるので、適切に休むことは重要なことです。
そんな状況が用意されているウィーズは社員の意思を重要視しており、労働環境をより良くしようと様々な工夫を凝らしています。
少し人事制度が他社とは異なり、上司からの評価ではなくて同僚による評価制度を導入しているため、普段の自分の働きぶりが結果に反映されやすくなるでしょう。
さらに入社前の薬剤師国家試験に落ちてしまった場合でも他職種として入社し、改めて薬剤師試験を目指せる再チャレンジ制度もあるなど、非常に充実した制度ばかりです。

中小規模の調剤薬局の労働環境は決して悪いものではなくて、それぞれの企業が独自性溢れる体制づくりを進めています。

-中小調剤薬局の労働環境

執筆者:

関連記事

PASONAZ160306060I9A1905_TP_V

たんぽぽ薬局他の労働環境

大規模な店舗展開はしていないものの、決して小さい規模ではない中小の調剤薬局もたくさんあります。 中小規模の調剤薬局は基本的に特定の地域に固まって存在していることが多く、その該当地域においてはかなりの存 …