薬剤師の働き方について調べてみた

日本調剤をはじめ、変化する医療業界における薬剤師の働き方について調べてみました。

地域医療への貢献

日本調剤の地域貢献

投稿日:2017年10月25日 更新日:

調剤薬局は各地域に根差した営業活動をしています。
患者さんは基本的に自らが住んでいる地域にある調剤薬局や、通っている病院の近くにある薬局を選んで利用するケースが多くみられます。
ですから同じ患者さんが何度も調剤薬局を訪れることも珍しい事ではありません。
同じ人が複数回訪れることにより薬剤師側もそれぞれの患者さんの服薬履歴・健康状態を確認しやすくなり、より適切なアドバイスを与えられるようになるでしょう。

調剤薬局を利用する患者さんにどのように接するかという点も非常に重要で、まさに地域貢献の手段だと言えます。

近頃は調剤薬局に患者さんが訪れるばかりでなく、薬剤師側が患者さんの自宅に出向く形で、調剤を行ったり服薬指導をしたり、様々なアドバイスを行うことがあります。
高齢化が進むにつれて患者さんの自宅で医療活動を行う在宅医療の必要性が増しており、調剤薬局だけではなくて医療界全体が各地域に根差した医療活動を展開しています。
薬剤師や調剤薬局、医師、看護師などを含めた医療関係者との協力体制を作り上げ、総力を合わせて患者さんの健康を支えています。

医師や看護師などももちろん重要ですが、地域に根差した医療活動の中で特に重要な役割を果たしているのが調剤薬局であり、在宅医療を担当する薬剤師なのです。かかりつけ薬局・薬剤師となることで患者さんの服薬情報の一元管理・服薬指導、健康相談など日常的にかかわることになります。調剤薬局の実店舗の中で行っている業務とはまた異なった業務を行う必要があり、普段の調剤薬局店舗内での業務以上に気を遣う場面が増えます。
しかし薬剤師の専門性を生かして薬物治療の適正化に向け判断を下すというやりがいもかなり大きく、自分の判断によって処方内容が変更されるなど医療への貢献を行っているという実感を得やすいメリットがあります。

日本中に数多くの調剤薬局が存在していますが、全ての調剤薬局が在宅医療サービスを提供しているわけではありません。
日本調剤は在宅医療として薬剤師訪問サービスを実施していて、このサービスは全国の日本調剤薬局店舗で利用・相談が可能です。
日本調剤による在宅医療に関する取り組みは在宅医療専門部門の設置やIT・最新機器の導入、在宅医療にかかわる専門知識・スキルを高める在宅集合研修実施などを実施していて患者さんもその家族も安心して利用できるのは嬉しいところです。薬剤師視点でみても教育・設備環境が整っていることは安心できます。

これらの他にも日本調剤では地域の方に健康へ関心を持ってもらうため健康イベントの開催をしていて、その地域で暮らしている様々な人たちに対して健康状態のチェックや健康管理に関する情報提供などを積極的に行っています。
さらに薬局内で健康チェックができる機能を備えた健康サポート薬局を開設するなど患者さん以外の人に対しても健康の維持・増進を支援し地域医療に貢献しています。

-地域医療への貢献

執筆者:

関連記事

AL007-zenbukesarecyaimashita20140722_TP_V

その他薬局の地域貢献

病院に行った際には薬の処方せんが出されますが、その際に活用するのが調剤薬局です。 病院は必要不可欠な存在なので、当然のことながら調剤薬局も日本中に多数あります。 病院の周辺には複数の薬局がありますし、 …